ITEM

顧客に “ 選ばれる店 ” のインテリア商材とは?

 顧客に“ 選ばれる店 ”のインテリア商材とは?

セレクトショップの継続的な経営と売り上げの向上にはブランドイメージの確立が重要である。モノも情報も溢れている現代で、顧客に「選ばれる店」であるためには、その市場において競合よりも際立つ独自性がなければならない。

昨今ニーズが高まっているトレンドのスタイルには、エリソンナチュラル、アウトドア、ヒュッゲ、ニュージャポニズム、BOHO、インダストリアル、ボタニカルなどがある。ここからもわかるように今好まれる住空間は「おしゃれな部屋」などと一括りにできないほど、そのテイストは多様化している。

では、セレクトショップは単にトレンドアイテムを集めれば成功するのだろうか?答えはNOだ。トレンドのインテリアスタイルを導入することは短期的な売り上げは見込めるかもしれないが、長期的に見た場合、一貫性を欠きブランド軸がブレることが懸念される。これはブランドに対する信頼性を失う可能性があるということだ。自店のブランド軸から外れない、且つニーズの高いアイテムを選定することが「選ばれる店」になるためには不可欠である。

旧くなることを楽しむ、育てる家具

次世代の未来と環境配慮を考えた“サスティナブルデザイン”や、時を経ても変わらない“普遍美”への想いが高まっているのをご存知だろうか。

目まぐるしく新しいモノが生み出され変化する中で、消費者は時にその速さに疲れてしまう。それと同時に、本当に生活を豊かにしてくれるモノとは何かを見定める目が養われるのだ。一過性のおしゃれなインテリアや建造物ではなく、古民家などのリノベーションの需要やアップサイクルへの取り組みが増えているのも納得がいく。

佐賀県を拠点に活動する家具メーカーGART(ガルト)が新しく発表したダイニングセットは、新しさと懐かしさがバランスよくデザインされている。無垢の木の魅力は、使えば使うほどにツヤが増し、手触りも体なじみも自分に合ってくるところだ。自然の持つ普遍的な美しさは、傷やシミといった経年劣化も味にしてくれる。

アンブレラスタンドベンチは、雨水などでできるシミもまた楽しい。万が一、シミが気に入らなければ削ることができるのも無垢材のいいところである。

GARTの商品のように、自然素材を用いたインテリア商材は、消費者が求める「サスティナブル」「普遍美」の視点から関心を引くだろう。

細部まで生活の質にこだわった“ アナログなもの ”

便利なものは世の中に数多くあるが、時代と逆行するアナログなものが与えてくれる「ひと手間」で得られる満足度が、自分らしい生活をつくっていく。そう話すのはAXCIS.INCの代表だ。

AXCIS.INCのブースには、ひと手間がなんとも心地いい、レトロな形のスイッチが展示されていた。 この商品は住空間の細部までこだわりたいと考える顧客の心を鷲掴みにするだろう。顧客に「細部まで生活の質を考えているブランド」だというイメージと心踊る体験を与え、インテリアに対するブランドの情熱を伝えるのに有効なアイテムである。

レトロなフォルムが目を惹くスイッチ

名作とされるプロダクトの復刻版や、現代の暮らしに合う形にスタイルアップされた歴史的なプロダクトが、ミラノサローネをはじめ多くの展示会で注目されている点から考えても、AXCIS.INCのような古き良きものは訴求力が高いと言えるだろう。

ブランドイメージを伝えるインテリア商材の売り方、見せ方

セレクトショップのブランディングの要であるインテリア商材は、トレンドアイテム・売れ筋アイテムと組み合わせてブランドコンセプトに沿う商材をぜひコーディネートしてほしい。ブランドを象徴するインテリア商材をトレンドアイテムと組み合わせて売り場を作ることで、単なる流行の商品ではなくブランドの提案する「ライフスタイルに必要な商品」という付加価値をプラスして訴求できるからだ。

また、同じ商材でも、ブランドコンセプトをうまく反映させることで顧客が求めるライフスタイルのシーンを提案できる。例えば、シンプルで上質な暮らしをコンセプトにしている店では、上質な自然素材のインテリアにモノトーンな配色の雑貨を組み合わせることで、落ち着きと清潔感のある住空間をイメージさせられる。

ナチュラルな暮らしをコンセプトにしている店では、同じ自然素材のインテリアに、エクリュカラーの雑貨やクラフト感のあるものを配置し、抜け感のあるリラックス空間をイメージさせられる。具体的な良質空間をイメージさせることで、ブランドの世界観を伝えるとともに、売り上げにつなげられるのではないだろうか。

ブランドに対する信頼性を高めてくれるインテリア商材、そして時代のニーズ・顧客の関心を引くものとは何か。そのヒントを見つけられるのも展示会の魅力である。

掲載ブランド紹介

GART Co., Ltd.

佐賀県を拠点に家具のデザインから製造・輸入を行う家具メーカー。デザイン・品質・機能・価格など全てにおいてバランスのとれた商品を、自社の企画・デザインで生み出す。

主な取扱商品: ソファ、テーブル、チェア、TVボード、サイドボード、キッチンボードなど

公式ホームページはこちら
http://www.gartstyle.com/


AXCIS,inc.

岡山市に本社を置く、雑貨・照明・パーツ・家具などインテリア商品のメーカー。「日々を一緒に過ごし楽しむ。そんな心地よい暮らしのものづくり。」をコンセプトに古いものの味わいをデザインの要素として取り入れた現代の生活に合うプロダクトを生み出す。

主な取扱商品: 家具、照明、インテリア雑貨、キッチン雑貨、服飾雑貨など

公式ホームページはこちら
http://axcis-inc.com/