ITEM

新たな需要を生み出すペット関連ビジネス

なぜ、ペット関連ビジネスが注目されているのか?

「ペット用品を展開する利点」でもお伝えした通り、ペットの家族化・長寿化が進むことで、ペットビジネスでは付加価値のある商品・サービスが求められてきている。

ペットの乗車に特化したタクシーやペット専用のフィットネスが注目されたり、老犬老猫のケアサービスの需要が高まったりしている事は前出の記事内でも伝えたが、こうした“新たな需要”が生まれるきっかけは、ペットオーナーのライフスタイルの変化を敏感にとらえた結果である。

例えば、アウトドアブームで考えるならば、キャンパーの中にペットオーナーはどれくらい存在するだろうか?その人数はキャンパーの増加とともに増えることになる。キャンプを楽しむペットオーナーが増えるほど需要が高まると考えられるのが“ペット専用のキャンプギア”だ。
アウトドア用品の老舗モンベルやスノーピークでは、犬用のテントやフローテーションベスト、ドッグコット、ドッグピットなど、愛犬のための専用ギアをすでに販売している。キャンパーのことを知りつくしているからこそ、キャンパーのライフスタイルに着目した商品開発ができるのだろう。

昨今のペット関連ビジネスでは、人が利用するサービスやモノよりも、高価なモノ・高機能なモノの需要も増えている。ペットの存在は、ペットオーナーの暮らしにとってかけがえのないものであるのだ。

今回はMMDが出会った、作り手の技術と想いが生んだ興味深い商品とともに、セレクトショップとペット関連ビジネスの交差について考えを記したいと思う。

卓越した機能と耐久性を備えたミリタリーギアのペット版

米国ロサンゼルス発のブランド「Kiloniner(キロナイナー)」の製品をご存知だろうか。Kiloninerのデザイナーであるマイク・マセダは、15年以上に渡りロサンゼルス市警察SWATチームやFBI SWATチームなど、特殊部隊向けのミリタリーギア設計に携わっていた。

世界中の最も過酷な状況下において使用されるギアの設計を通し、極限まで高められた素材やパーツの専門知識、革新的製造技術のスキルを存分に生かしたペットアパレルブランドがKiloninerである。

Kiloninerの製品は、ペットとの生活をより豊かにし、人とペットが共に成長しあえる時間を提供できることを目標に開発されたラインナップとなっている

卓越した機能と耐久性が求められるミリタリーギアを制作する中で蓄積してきた知識と技術と情熱が注がれた製品。
小型犬から大型犬まで様々な犬種に対応しており、愛犬だけでなく愛猫に合わせてサイズ調整も可能だ。

業界やシステムの垣根を超えた商品提案

「住宅メーカー×アウトドア」「サブスクリプション×インテリア」「グリーン×オフィスビジネス」など、顧客や異業種の声を生かして業界やシステムの垣根を超えた商品開発やサービスを提案することが、新たな支持を得る一つの方法ではないだろうか。

これは、ペット商材でも同様のことが言える。「ペット×アウトドア」「ペット×タクシー」「ペット用品×サブスクリプション」など、ペットオーナーに提案できる切り口は無数に存在する。

前出のKiloninerでは、「ペット×アウトドア」「ペット×インテリア」の他に、「ペット×サバイバルゲーム」という切り口でも人気があるそうだ。ライフスタイルの多様化・ボーダーレス化を好機ととらえ、メーカー・セレクトショップともに垣根を超えた企画・提案を取り入れてみてはどうだろう。

愛猫や愛犬と一緒に趣味を楽しむアイテムとしても注目されている

人もペットも満足する提案として、例えば「ペット用品×オフィス家具の機能性」「ペット用品×グリーン商材」「インテリアコーディネートのワークショップ×ペットオーナー」なども面白いかもしれない。

人向けの商品・サービスと比べると、ペット向けの商品やサービスはまだまだ新たな切り口からの需要が見込めるという点が、昨今「ペット関連ビジネスが注目される」理由なのではないだろうか 。

セレクトショップとペット関連ビジネスのマッチング

ペット関連ビジネスへの注目度の高さからもわかるように、ペットと暮らすことはスタンダードなライフスタイルの一例になりつつある。セレクトショップとペット関連ビジネスのマッチングポイントは「ブランドコンセプトの共感」にあると考えられるだろう。

作り手の技術と製品への責任意識、愛情が注がれたペット商材とはどういうものか。例えば、 「スタイリスト近藤昌氏のビジネス力の秘密」の近藤昌氏が手がける「TOOLS FOR THE DOG(ツールズ フォー ザ ドッグ)」は、家族のように暮らす愛犬とスマートに毎日を過ごしたいオーナーのために、ペットとのライフスタイルをトータルコーディネートすることを掲げている。

他にも上品でシンプルなものを追求するブランド、ともに趣味を楽しむための提案をするブランド、とことん健康のためにこだわった商品を開発するブランドなど、セレクトショップが顧客へ提案する“豊かな暮らし”と共感できるペット用品は数多く存在する。

それらを独自の編集でセレクトショップが取り入れることで、既存顧客のニーズの他に新規顧客の獲得にもつながり得るのではないだろうか。

前回の「ペット用品を展開する利点」では、ペット用品の効果的なディスプレイポイントも詳しく記している。是非そちらも一読してもらいたい。

掲載ブランド紹介

シュピゲンジャパン株式会社

Kiloniner(キロナイナー)は、世界中の最も過酷な状況下において使用されるギアの設計を通し、極限まで高められた素材やパーツの専門知識、革新的製造技術のスキルを存分に生かしたペットアパレルブランド。

取り扱いアイテム: ベスト、ハーネス、スカーフ、ドッグカラーなど

公式ホームページはこちら
https://hubble.co.jp


TOOLS FOR THE DOG(ツールズ フォー ザ ドッグ)

家族のように暮らす愛犬とスマートに毎日を過ごしたい。そんなオーナーたちのスタイリッシュな想いをサポートしたくて、経験豊かなファッションスタイリスト集団TOOLSが 愛犬のためのグッドデザイン・プロダクツを厳選。

取り扱いアイテム: リード、ドッグカラー、ドッグトイなど

公式ホームページはこちら
https://tools-for-the-dog.com/